( 礼拝堂内観 )
ごあいさつ






  明治26年熊本の町には地震・高津波で親を失った、
  多くの孤児たちが溢れておりました。

  その子供たちを救おうと王栄幼稚園が作られましたが、
  それはアメリカの募金によるものでした。
  戦後になっても、その手厚い援助は続きました。

  人的、経済的愛の援助によって支えられてきたのです。

  さて、私達日本人にできることはあるでしょうか。